海の見える家

建物は、雨や風にさらされて年々劣化していきます。
海の近くにある建物は塩害によって劣化が早いです。
ある日突然建物が崩壊したとならないようにするには、定期的なメンテナンスが必要です。
定期的に点検、修理をすることで劣化を完全に防ぐことはできなくても、長持ちする家になります。
一般的に外装に影響が出てくるのは、建ててから十数年経ってからだと言われています。
マンションの大規模修繕工事が十数年に一度行われるのもそうした理由からです。
その頃になると放置していた汚れも目立ちます。
屋根や壁の手の届かないところは、なかなか掃除もできませんので、そうなります。
塗装も一部剥げてくるのもその頃です。
日々生活をしているとなかなか気が付きにくい箇所ですが、屋根や壁は安全性にも関わるので、定期的にメンテナンスを行う必要があります。
特に屋根に瓦を使っている家は、台風などで屋根瓦がずれ、そこから雨が浸食して、屋根に使っている木が水に塗れ長年かけて腐食するということも考えられます。
しかしそういったことがなかったり、正しくメンテナンスされていれば、瓦屋根の家は長い間持ちます。
他にも、ドアやサッシ、ベランダなど外装に関わるものは、この時期に点検することをおススメします。
逆に言うと、十数年は問題なく住めるのですから、特に大きな問題もないのに建ててから数年後に不具合が出た場合は、建てた際に何か問題があったのだと疑った方がよいでしょう。

正しいメンテナンスでお家長持ち

窓から海が一望できる家に憧れる人も少なくないと思います。 自宅は難しくても、海が見えるホテルや旅館に泊まりたいと考える人も多いです。 海の近くに建てられている建物は、潮風の影響を受け易いのです。 海の見える建物では、どのようなことに気を付けるべきなのかを検証します。

時間が経つにつれて

戸建て住宅やマンションは、建てられた当初は、キレイですが、年月が経つと雨風にさらされた外装が変化していきます。 また長年の使用によって、家の中もフローリングが剥がれたり、傷がついたりと不具合が生じるようになります。 だいたいどのくらいでメンテナンスが必要なのか建物の中と外に分けて検証してみました。

100年経っても大丈夫

世界遺産に認定された日本の建物は、いずれも100年以上建ち続いています。 建物の寿命は長くても50年くらいだと言われていますが、日本家屋などは、建てられてから100年以上建っている家もあります。 長い間痛まずに建ち続けられている建物の秘密に迫ります。